スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*にほんブログ村*人気ブログランキング






幼児用のリュックサックに挑戦! 

おはようございます~♪


きょうも、いいお天気になりそうですね~(^-^)w

 
昨日、表布と内布とを、各パーツに裁断して、


リュックサックの各パーツを仕上げましたぁ~♪


表布( コットンキルティング布)


特に柄合わせしないで裁って、ほぼ、使いきりです^^ 
 

もう少し大きなお子さん用なら、カットクロスでは足りないかもですね。


170422rucksackyou1.jpg


内布( 薄いコットン生地)


170422rucksackyou2.jpg


まずはじめに、ファスナー口布作りから・・・(^-^)/


Az-netさんで購入した両開きファスナー。 


検索して参考にさせて頂いた幼児用リュックサックのファスナー長さが、


38cmとか40cmとかだったので、60cmファスナーを40cmにカットして頂きました^^


ファスナー口布サイズは、ファスナー全体の長さが45cmだったので、


それに合わせて、ファスナー口布サイズ幅5.5cm、長さ45cmを2枚に。


少し、長めなので、マチを縫い合わせる時、サイズ調整します^^



170422rucksackyou6.jpg


続いて、ショルダーストラップ・・。


このバックルも、Az-netさんで購入、YKK製でしっかりですw


ストラップの布部分は、30cmにしたかったので、


ストラップ布サイズ、幅12cm、縦33cmを2枚に・・。


布をひっくり返したら、ライオンの柄が逆さになってしまっていて、


解どくのも大変なので、そのまま・・・ ちょっと残念ですけど(><"


170422rucksackyou7.jpg


次に、底マチとサイドのマチを縫い合わせて、横ポケットも付けましたw


布サイズは、底マチ11cmx24cm、サイドのマチ11cmx17cm


ポケット布サイズは、w15cmx縦18cm


つなぎ合わせたマチ布に、後付けで、ポケットを縫い合わせたので、


角の部分が、すっごく、ぶ厚くなってしまいましたぁ(><


ポケットを付けるなら、2枚を底部分で縫い合わせるか、


ぐるっと1枚布で、裁べきでしたね~ 計算外でしたぁ(><


170422rucksackyou3.jpg


リュック本体布に、ポケットを付けましたぁ~♪


調べたリュックサックなどには、ポケットサイズは書いてなかったので、


どれくらいのサイズにしたらいいかわからなくて・・・


見た目、ポケット横幅は、本体布よりほんの少し狭い感じでいいようですが、


小さなリュックの割に全体が大きくなってしまい縫い直したりで、大変でした^^


小さな子供なので、フラップ付きで、マジックテープ仕様にしました^^ 


170422rucksackyou4.jpg


内布本体布に、お手帳とか入る用大きなポケットと、


ちょこっとした、小さなポケットをつけてみました^^


170422rucksackyou5.jpg


ここまでは、縫い直したりと大変な箇所もありましたが、


まぁまぁ、イメージ通りな感じに出来上がりました。


いよいよ、最難関の、表布と内布縫い合わせ、合体ですが、


内布をくるっとひっくり返すように、出来るかどうか・・、


出来なければ、バイアステープで包んで、縫い代処理するか・・・


取り敢えず、縫い進めてみないとわからないので、


あと一息、頑張ってみます(^-^)/



PS: とても解りやすくて、参考にさせて頂いた、リュックサック作り方


クライ・ムキ(株)さんのの動画です → https://youtu.be/jVwx4aJh5UM


**********

いつも、ご覧頂きありがとうございます~♪♪
ランキングに参加しています☆応援クリックお願いします。
人気ブログランキングにほんブログ村

.


K'Handmade*facebook、宜しくお願い致します。

facebook♪
スポンサーサイト
*にほんブログ村*人気ブログランキング






comment

コメントの投稿













非公開コメントなし設定にしています。
ハンドメイドに関するお問い合わせがありましたら
左ブロック上の【お問い合わせフォーム】からご連絡くださいね♪

trackback

この記事のトラックバックURL
http://khandmade.blog5.fc2.com/tb.php/1065-dfa03d20


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。