お化粧ポーチ型紙作り 

きょうも、秋晴れの暖かないいお天気でしたぁ~


日中は暖かくていいですが、朝晩は、随分冷え込みますね。


風邪ひかないよう、お気をつけください(^-^)。


きょうは、次に作りたいお化粧ポーチ用の型紙を作りましたぁ~♪


大きすぎないで、取り出しやすいポーチをということで、


ポーチ口が大きく開く、スクエア型のポーチにしました。


スクエアポーチといえば、peachmadeさんのおむつポーチの型紙ですが、


以前、おむつポーチの型紙をお借りして、縮小印刷して作ったことがあります。


その縮小版ポーチが、ちょうどいい大きさだと思うんです^^


とりあえず、今回は、自分で型紙を作りました。


141029sp-katagami.jpg


型紙というほどでもないかもですが・・


スクエアポーチは、直線ばかりなので、作り方の要領がわかれば簡単です。


ポーチの出来上がりサイズを、横12cm、縦8cm、マチ4cm位にしたいので、


ファスナー口幅は、高さの半分4cm+横12cm+高さの半分4cm=20cmで、


20cmファスナーを使うとぎりぎりなので、ポーチの横幅を少し足して、12.5cmに。


この時、ファスナー口側のマチの長さ(端っこ)を増やすと、マチを縫い合わせる時、


マチの長さとポーチの高さが合わなくなるので、今回のようにポーチの横幅を増し、


また、横幅じゃなく、ファスナー口側の長さを、ファスナーに合わせて増やすなら、


その分、下側のマチの長さを減らすというように、それぞれ、サイズ調整します。


つまり、突き出た上側+下側のマチの長さは、ポーチの高さと同じにすること。。


ここさえ合っていれば、どんな大きさ、形でも、大抵、失敗ないということです。。


で、今回は、12.5cm(横幅) x 8cm(高さ)の長方形ができるよう線を引いていき、


その長方形の上下に、マチ幅の半分2cm xファスナー口幅20.5cmの長方形を


のせるような感じに線を引き、その周りに、縫い代1cmの線も書き入れていきます。


141029pouchp5.jpg


内側の、太くしたえんぴつ線が、ポーチの縫い線で、


その周りの薄い線が、縫い代ぶんです。


型紙をのせて、布を裁つ時は、底側をわにしますが、布によっては、


2枚に裁つこともあるので、そこ側にも縫い代分をつけておきました。


ファスナー口には、縫い代を付けず、マチ幅の半分2cmのまま。


ファスナーを付けるのに、5mm~7mm位が縫い代になり、


ファスナーをつけて、ファスナー口のマチ幅が縫い代込で6cmになるようにしますが


付け方によっては、多少幅広くなっても、大きく問題ないと思います^^


141029pouchp6.jpg


カットすると、こんな感じ型紙が出来上がります。


作りたい大きさが決まったら、ほぼ希望通りの大きさで、


簡単に、スクエアポーチの型紙を作ることができると思います。


この型紙は、片側半分ですので、底をわにして布を裁ってもいいですし、


同じ物を2枚作って張り合わせて、一枚の型紙にして裁ってもいいですよね^^


141029pouchp7.jpg


こんな感じに、お化粧直し用のお化粧品だけを入れるつもりなので、


スクエアポーチなら、ファスナーポーチよりファスナー口が大きく開くので、


ファンデーションなんかも、さっと、取り出しやすくなると思います。


141029pouchp-4.jpg


多分、この型紙で、大丈夫だと思いますが、


早速、明日・・、作ってみようと思います。



**********

いつも、ご覧頂きありがとうございます~♪♪
ランキングに参加しています☆応援クリックお願いします。
人気ブログランキングにほんブログ村

.


K'Handmade*facebook、宜しくお願い致します。

facebook始めましたぁ♪

スポンサーサイト
*にほんブログ村*人気ブログランキング






comment

コメントの投稿













非公開コメントなし設定にしています。
ハンドメイドに関するお問い合わせがありましたら
左ブロック上の【お問い合わせフォーム】からご連絡くださいね♪